あー、松田です。久留米、佐賀地区は本日は梅雨の晴れ間といいますか、とても過ごしやすい日でしたねー!

 

前回の小顔矯正の話の続きです

 

そもそも小顔矯正というのは、一体どうゆう理屈なのか?を今回から説明していきます

これは、私が独自の研究で得た自論であるので他院の考え方とは違うかもしれませんが

若い時分には、顔のたるみや、シワ、シミ、ほうれい線、などはありませんよね?

歳とともに起こる様々な老化は美というジャンルを追求する上で最大の難敵です。

生き物は、すべて酸化することにより老化が起こります、体内に酸素を取り入れると単純に酸化が進みます。酸素カプセルや酸素バーがアンチエイジングには逆効果であると言われてるのはそうゆう観点からの見解です

体脂肪燃焼させる有酸素運動も実は空気中の酸素を取り込む量が増加する為、身体はしまるが、老化は進む…というマイナスな考え方もあります

その逆の発想で最近流行ってるのが抗酸化物質の摂取、代表的なのが水素水ですね  水の構成は水素と酸素が結びついたH2Oですが、水素水はHだけです。それを体内に取り込むと、体内の酸素とすぐ結合し水になります。つまり、体内の酸化要因の酸素を減らすという働きがある訳です。だから、水素水は凄く老化防止、アンチエイジングに重要だと言われてるのです

話しがかなりそれましたが…笑

老化により起こる代謝の悪さから、むくみやたるみが顔のアゴの肉や頬の肉として代謝の悪さにより引き起こります、そのムクミなどをとる老廃物をリンパの流れを指圧やマッサージなどで活性化してからの排出作業が小顔に最も効果的に働きます。

 

 

頭蓋骨の矯正自体も大事ですが、まずはリンパと脳脊髄液の活性化が重要になってきます。当サロンでは、そこをまず調整してからの矯正となります。

 

 

久留米市新合川1丁目6ー30

いづみ乃湯二階  BAMBOO SPA