体は、歳を重ねると使わなくなった筋肉は硬化していきます。

どんどん硬くなり、それが日常化してしまうと、体というものは不思議なもので

それが当たり前の硬さだと認識してしまいます。

つまり、体は硬いのが本来の姿だと思い込んでしまう。。。ということです。

そして、残念なことに、アホな体はマッサージ等で体をほぐした後に、

『いかん!、このままではヤワい体になってしまう!戻らねば!』

と硬い体に戻ろうとするのです。

なんとも、せつない話です

それはまるで、メガネの形状記憶性能のように、

それはもう、見事に。。。ともすれば、マッサージで最初に肩をほぐして、次に腰足と進みますが

また肩に戻って見るとまた硬くなってる!みたいなことも多々ある程です。

こんな厄介な人間の体の、硬くなった筋肉をほぐすには、逆の発想を利用します

形状記憶で『柔らかい体』が当たり前の状態にしてやるのです。

ほぐす頻度を一時的に上げてやるのです。

ちょいちょいマッサージして筋肉を柔らかくしてやり、柔らかい状態をキープする時間を長く保てば

筋肉はアホやから、『あれ?ヤワい体が普通やった!いかん!戻らねば!』みたいに柔らかく成ろう成ろうとするのです。

その残念な体のアホさを、逆利用してやるのです。

つまり、ひどい時は詰めてマッサージした方が全然効果的だという事です。

単純にそれが言いたかっただけという説もありますが、

わかりやすい例えで、記事を書いてみました。

どーも〜、ああ松田でした。