夏バテの原因と対処法

日本の場合、梅雨から夏の間の湿度の環境が原因で、体の働きが正常に機能しなくなって起こる体調不良のことを、総じて「夏バテ」と呼びます。

では、夏バテにどうしてなってしまうのでしょう?

夏バテの原因

私たちは暑さを感じると体温が上昇します。

そして汗をかくことで体温を下げるようにして、体温を調節しています。

消火活動をおこなっているわけですね。

しかし、大量の汗をかく夏は水分だけでなく、ナトリウムやミネラルなど、体にとって必要な栄養素も多く排出してしまいます。

汗をかくのは自律神経の働きによるもので、分かりやすくいえば、汗をかくように働くのが交感神経、汗をかかないように働くのが副交感神経です。

また、胃腸の動きを止める方向に働くのが交感神経、胃腸の動きをスムーズに整えるのが副交感神経です。

しかし、真夏の屋外の気温や湿度と、空調のきいた屋内との気温や湿度の差を繰り返し感じることなどによって、自律神経の交感神経と副交感神経の切り替えが上手くいかなくなり、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

すると、体温調節が上手くできなくなるだけではなく、胃腸障害や睡眠障害などを起こすことが、夏バテの原因だといわれています。

快適に夏を乗り切るには

夏バテは、交感神経が必要以上に優位になった状態といえます。

自律神経のバランスを整え、副交感神経の働きを助けるためには、有酸素運動がオススメです。

激しい運動ではありませんので、手軽に安全に行えますが、休養を取り入れながら無理なく続けることが大切です。

例えば、ウォーキングやジョギングが有酸素運動の代表例ですが、この場合もゆっくりで大丈夫。

無理に早足になる必要はありません。

「人と話ができて軽く汗ばむくらい」を意識すると良いでしょう。

ラジオ体操や全身のストレッチなども、自宅でも気軽にできる運動です。

「運動するぞ!」と意気込まず、日常生活での活動にちょっと変化をつけるだけでも、効果が期待できます。

エレベーターやエスカレーターの代わりに階段を利用する、比較的涼しい時間に1駅分歩く、いつもよりすこしだけ早歩きしてみるものよいでしょう。

普段の生活の中で、できる運動を続けてやってみることで、暑い夏をより快適に過ごすことができたら、いつもより楽しい夏の生活になるかもしれません。

ただし運動する際には熱中症に注意が必要です。

気温や湿度、服装に気を付け、スポーツドリンクなど水分や塩分補給をこまめに行いましょう。

また、体調が優れないときには無理をせず、その日の運動は中止し、体調が復活したら再び始めるようにしましょう。

加えて、足腰周りの冷えが夏に冷房、扇風機などの影響で発生します。

足首や、膝などにダルさを感じたらマッサージのサインです。

足つぼで湧泉というツボ刺激するのもいいかと思います。

背中から肩にかけての体幹部の指圧も有効です。

オイルマッサージでリンパの流れを促進することも重要です。

夏バテになってしまった状態は、熱中症になりやすい状態でもあります。

十分注意しながら運動を行いましょう。

また、食事の管理も大切です。

ビタミンCBE、タンパク質、クエン酸、などの普段から必要な栄養源もさながら、夏野菜がやはり大事になってきます。

具体的にはとうもうろこし、ゴーヤ、ナス、などです。

積極的に摂取しましょう。

BY 夏バテ対策委員会会長補佐 ジョージクルーニー